選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

<span>グローバル人材を育てる大学を探そう!</span>

グローバル人材を育てる大学を探そう!

<近年の大学教育はますますグローバル人材の育成を重視>
世界で活躍するグローバル人材を育成する取り組みが、各大学でさらに活発化しています。日本社会が大きな変化を遂げ、従来の教育プログラムでは不十分であることが明らかになってきました。日本のグローバル教育の歴史と現状を見ていきましょう。


グローバル人材の育成を目指す最近の動向

文科省、経産省、経団連が グローバル人材の育成を提唱

 すべては2008年、文部科学省から始まりました。文科省は、2020年をめどに30万人の留学生の受け入れを目指す「留学生30万人計画」を策定し、国際化拠点整備事業(通称「グローバル30」)において、対象となる13大学を選択しました。東大や早慶上智を含むこの13大学において計画的に留学生を受け入れ、最終的には30大学まで拡大する計画でした。しかし、事業仕分けにより中断し、予算も縮小されてしまい、2013年度末をもって終了しました。

 また、2010年4月に経産省は、文科省と共同で事務局を設立した産業人材育成パートナーシップ・グローバル人材育成委員会において、「産学官でグローバル人材の育成を」と題する報告書を公表。いくつかの要件を挙げてグローバル人材の育成を大学に求めました。
 2011年には、文科省が日本人学生の海外留学と外国人学生の受け入れを行い、アジアやアメリカなどの大学との交流を支援する「大学の世界展開力強化事業」をスタート。後述するように現在も取り組みが継続しています。

 さらに経団連も、2011年6月に「グローバル人材の育成に向けた提言」を発表。グローバル人材育成において産学官に求められる具体的な取り組みを示しました。同時期に経団連は「経団連グローバル人材育成スカラーシップ」を立ち上げ、現在も海外の大学に留学する大学生を対象に奨学金を支給しています。

 また、同年6月に政府は、「グローバル人材育成推進会議」を開催。翌年に発表された報告書では「語学力、コミュニケーション能力のほかに、主体性、積極性、チャレンジ精神、協調性、柔軟性、責任感、使命感、異文化に対する理解、日本人としてのアイデンティティなどが求められる」と結論づけています。
 これを受けて文科省は、「グローバル人材育成推進事業」をスタートさせ、大学教育のグローバル化への取り組みを行う事業に対して、重点的な財政支援を約束。2012 年に42 大学が採択され、これも後述するように現在も取り組みが積極的に続けられています。

 このような一連の動きには、従来の教育ではグローバル人材を育成できないという反省が込められており、大学側は各方面から抜本的な改革を迫られています。大学教育だけに責任を押しつけるのは間違いですが、スピードが要求される現在の状況では、当然のなりゆきとも言えるでしょう。



グローバル5大学(G5)のグローバル人材を育成する学部


スーパーグローバル大学創成支援 採択大学

5大学がグローバル教育を率先、他大学もさまざまアプローチで対応

 それでは、日本の大学において、グローバル人材を育成するため、どのような対応策を講じているのかを見てみましょう。

 2010年4月に、国際教養大学、国際基督教大学、早稲田大学(国際教養学部)、立命館アジア太平洋大学の4大学が「グローバル4大学」と称する大学間の連携・交流協定を結びました。その後、2012年8月に上智大学が加わり、新たに「グローバル5大学(通称:G5)」として活動を継続し、率先してグローバル人材の育成に取り組んできました。
 しかし、グローバル化へのアプローチはさまざまで、これら5大学だけが積極的に取り組んでいるわけではありません。

 前述の「グローバル人材育成推進事業」は、2014年度から「スーパーグローバル大学創成支援」と名称が変更されました。ここでは、財政支援の審査において、大学における取り組みを大きく2つのタイプに分けています。
 ひとつは「タイプA(トップ型)」と呼ばれるタイプで、世界ランキングトップ100を目指す力のある大学を支援するもの。もうひとつは「タイプB(グローバル化牽引型)」と呼ばれるタイプで、これまでの実績をもとに日本社会のグローバル化を牽引する大学を支援するもの。
「大学改革」と「国際化」をさらに徹底する取り組みと言えます。トップ型に13校、グローバル化牽引型に24校が採択されています。

 各大学は2014年の申請時に、海外留学生の受け入れ数、英語科目の開講数など、3年、7年、10年ごとの目標を掲げています。3年後にあたる今年度は、それぞれの取り組みが厳しい評価にさらされることになります。
 これらの大学が、グローバル教育に力を入れているのは間違いありません。ただし、採択されなかったり申請しなかったりした大学の取り組みが消極的だとは言えないでしょう。
 また、前述の「大学の世界展開力強化事業」では、2016年度の「アジア諸国等との大学間交流の枠組み強化」において、21の大学から申請された構想が採択されています。

 「スーパーグローバル大学創成支援」や「大学の世界展開力強化事業」によって、各大学のグローバル教育への取り組みがさらに本格化してきました。これらの事業に対する見直し・縮小が行われることは考えにくく、今後もますます活発化することが予想されます。



グローバル人材を育成する新設学部・学科(一例)

グローバル教育を意識した 学部・学科が続々と誕生

 さらに、グローバル人材育成に目的を絞った新しい学部・学科が次々に生まれていることも近年の傾向として見逃せません。
 2016年にグローバル教育を目的として新設された学部の一部を紹介しましょう。

 千葉大学では、「国際教養学部」を開設。世界が抱える問題を、日本の文化や技術、ビジネスを用いて解決する能力を養います。「国際人の育成」を建学の精神に掲げる桜美林大学では、「グローバル・コミュニケーション学群」をスタート。日本人学生だけでなく外国人留学生も育成の対象としているのが特徴です。学習院大学でも、社会科学と語学教育を融合させた教育を行う「国際社会科学部」を新設しています。
 もちろん、2017年にも各大学でグローバル人材を育てる学部の新設が相次ぎます。

 津田塾大学は「総合政策学部 総合政策学科」を新設。少人数教育や柔軟なカリキュラム、四技能(読む・書く・聞く・話す)の育成を主旨としています。立教大学では「グローバル・リベラルアーツ・プログラム(GLAP)」をスタート。英語で授業が行われる科目の履修だけで学位が取得できるなど、新しい時代のグローバルリーダーの育成に注力します。
 さらに、2018年には、明治学院大学が法学部に「グローバル法学科」を新設し、法分野のグローバル化に対応した学びを配置します。

 以上はあくまで一例ですが、グローバル教育を目的とする学部の新設は近年の潮流になっていることは間違いなく、今後もこの傾向は継続していくでしょう。


グローバル化社会に対応するため 2020年に「大学入試センター」が廃止

 2013年に政府が発表した「高等学校教育と大学教育との接続・大学入学者選抜の在り方について」(第四次提言)において「新しいテストの創設」が提案されました。現在、国公立大学や多くの私立大学が実施している「大学入試センター試験」が2020年を最後に廃止され、新しい方式のテストが導入されることになったのです。入試制度を見直すことになった背景には、少子高齢化社会の到来や産業構造の転換な
ど、日本社会の急激な変化があると思われます。もちろん、これまで述べてきたようなグローバル人材の育成も新テストを導入する目的のひとつであることは間違いありません。

 新制度の具体的な内容は現在、検討が進められているところですが、グローバル教育の観点からいえば、新テストにおいて、英語は四技能(読む・書く・聞く・話す)を測るものになる点に注目したいところです。これにともない、各大学で実施される個別の入試においても、今後は四技能を重視した問題が出題されるようになることが予想されるのです。


グローバル教育プログラム 「国際バカロレア」に注目

 グローバル教育のプログラムとしてほかに「国際バカロレア」が知られています。認定証を授与されると、世界各国の大学で入学資格や受験資格を得ることができます。2013年に政府が「2018年には国際バカロレアDP認定校を200校まで増やす」という目標を掲げたことで知られるようになりました。

 2016年12 月の時点で、世界140以上の国・地域の4,677校、日本国内では高校や専門学校60校で実施。学びの内容は、国際的な視野や探求心、行動力の育成など、まさに日本の大学が行おうとしているグローバル教育そのものです。これまで、国際バカロレアの授業は英語で行う必要がありましたが、2016年度から日本語によるプログラムの実施が認められました。2017年に日本語プログラムによる最初の認定者が出る見込みで、今後も多くの学校で導入されていくでしょう。

 「グローバル教育」といっても、内容はさまざま。自分の学びたいことや将来やりたいことときちんと合致しているかどうかを慎重に見極めるようにしましょう。受験する大学を選ぶときは、学部・学科の名称だけでなく、カリキュラムやシラバス(学習計画)を事前にしっかり確認することが大切です。